私たちにとって非常に身近な存在に、保健師という仕事があります。

【保健師とは】
保健師は保健師助産師看護師法において「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」と規定されている資格で、大学や保健師養成校で、所定の教育を受けた後、保健師国家試験を受験、合格後になれるものです。看護師国家試験に合格した上で、所定の保健師養成課程(1年以上)を受け、保健師国家資格に合格する方法と、「保健師・看護師統合カリキュラム」を採用して4年間で看護師と保健師の受験資格を同時に得て受験・合格する方法とがあります。
学術的には地域看護学、公衆衛生看護学を中心とした看護学の知識・技術が必要となってきます。
保健師は主として、都道府県および市町村にある保健所や保健センター等で働く行政保健師と、企業で働く産業保健師、学校などで、学生・生徒・学童・教職員の健康保険等に携わる学校保健師(養護教諭)に分けられます。
また、最近は海外の発展途上国での保健衛生の指導や感染症対策、母子保健など、従来の看護師が行っていた仕事にも進出し、活躍しています。

【行政保健師】
保健所や保健センターで働く保健師のことになります。これは地域密着型の仕事で、看護師の地域看護・訪問看護にあたるものです。具体的には、乳幼児や母親、高齢者、障害者などほぼ、すべての人々に対応していて、保健センターや市区町村の老人福祉課や児童家庭課、国保年金課などで住民に密着した保健・福祉・サービスをおこなっています。最近ではDVや児童虐待などの対策にも活躍しています。ここで必要となってくるのは、多くの人々と隔てなく接するコミュニケーション能力です。
精神障害者へのサポートも行っていますが、精神保健福祉法や障害者自立支援法の施行によってその対応が保健所から市町村にうつりつつあります。しかしながら、いまだ窓口は保健所・保健センターにあることが多く、市区町村の役所内にその部署を持つ自治体も多いです。そのため、精神障害者と自治体との橋渡し役にもなっており、ここでも大きなコミュニケーション能力が必要となってきています。

【産業保健師】
企業内でコーディネーター的役割を果たし、産業医、産業カウンセラー等と連携をとって労働者の健康管理・増進を進めるために働きます。労災などを主に取り扱ってきましたが、近年は精神疾患(うつ病など)や、自殺など深刻な問題にも対応しています。また、鳥インフルエンザなどの流行に見られるように、海外出張者への健康の対応も行っています。コミュニケーション能力のほかにカウンセリングの能力・技術が必要になってきます。

【学校保健師(養護教諭)】
学校において学生・生徒・児童・教職員の健康保健に寄与するために学校(保健室等)に駐在しています。小学校・中学校においては教育学部においても養護教諭の要請を行っているため、必ずしも保健師である必要はありませんが、やはり、ここでも心の問題を抱えてた対象者のためにも保健師が存在することが望ましいとされています。保健師が養護教諭となるためには文部科学省令が定める教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目の4科目8単位を取得する必要があります。
コミュニケーション能力は必須です。

以上、保健師の仕事に関してみてきましたが、ここで身につく技術とはコミュニケーション能力が大きなものとなっています。