人とのコミュニケーションの能力が高く、人と関わる仕事につく人達も多い女性。
物や書類、パソコンなどを相手にすることが多い男性たちの、仕事でのストレス発散方法といえば、
お酒を飲んだり、娯楽施設にいったりして発散させることが多いのですが、女性は仕事が終われば今度は家の仕事が待っています。

外でストレスを発散させることが難しい女性の、仕事のストレスは友達同士でおしゃべりで発散させる人が多いです。
特に女性が好きなのは芸能界の話や、職場の仲間の噂話。
そんなことからありがちなのが、職場のいじめです。
男性は比較的そういったものは聞き流して気にしないという人が多いのですが、女性は間に受けてしまう人も多いのが難点です。
しかも女性が中心の職場は、そういった噂などが多く、止めてくれる男性も少ないため、仕事内でのいじめはよりひどいものになります。
もちろんそういった職場で働き続けるには働く女性たちの精神管理が必要となります。

女性の精神管理といっても、色んな方法があります。
職場のメンタルヘルスとして、産業医が勤めている女性たちの精神状態を見ることになります。
中でも働いている女性たちに多いのが、うつ病。
うつ病は責任感が強い人がなりやすいため、仕事に一生懸命な人ほどかかりやすいのが難点です。
女性が働くにはそういった職場でも強く働いていけるような強い精神を持つか、常に精神面を安定させる必要があります。

産業医は、会社から離れたところにいるため迅速な対応は困難です。
しかも、予約制だったりします。
工場や1000人規模の従業員が働く場には、看護師さんが常駐しているところもあります。
急病人がでたら付き添う、あるいはメタボ相談など、思った以上に活動的なんです。
遠くの医者より、近くの看護師がいいに決まってる。